代表者プロフィール

代表者 プロフィール

 

行政書士/障がい福祉ビジネスコンサルタント

 

斉藤 将巳  (さいとう まさみ/Masami Saito) 

 

(北海道行政書士会 札幌支部所属)

 

障がい福祉ビジネスコンサルタントとして、放課後等デイサービスや就労継続支援事業所の開業、運営のコンサルタントを行う。

 

近年では、グループホーム(共同生活援助)について全国から相談が増え、コンサルタントを行う。

 

指定申請だけではなく、開業後の運営についてのコンサルを行うことが、当事務所の持ち味であり、お客さまより好評を得ているところでもある。

 


高校球児だった〜札幌北 高等学校

 

(北海道新聞社さまより抜粋)

 

高校2年の時、右肩靭帯を損傷し、大手術をする。

 

復帰後も、思うようなプレーが出来ず、苦しい時が続いた。

 

しかし、悔いだけは残したくないと、猛練習。

 

最後の最後で結果を出すことができ、満足して野球人生を終えることができた。


法律への道 第1弾〜中央大学 法学部 法律学科

 

(卒業式のときの写真。クラス担任のS先生と友人と一緒に)

 

大学では、法律を勉強したくて、法学部に入学。

 

私が通っていた当時は、法学部は多摩キャンパスにあり、東京都は思えない緑豊かな場所だった(笑)

 

けれど、学食は充実していたし、先輩が勉強を教えてくれる体制をとってくれており、本当に感謝しています!


法律への道 第2弾〜北海道大学 大学院 法学研究科

地元に戻って、再び法律の勉強を開始する。

 

このときは、行政書士になることは考えていなかった。

 

しかし、ここで勉強したことが、行政書士になった今の土台になっているといっても過言ではない。

 

行政書士には、合格後に、他士業のような修習制度がないので、大学院で実務で使う、数多くの法律に触れることができたことは本当に良かった!

実務への道 第1弾〜日本年金機構 札幌東年金事務所

 

(日本年金機構 労働組合の新聞から抜粋)

 

実務への第一歩は、年金業務だった。

 

社会保険は、建設業許可等の行政書士業務にからむことが多く、ここでの学びをお客さまのために生かしています。


実務への道 第2弾〜行政書士将巳事務所 開業

 

(札幌市中央区民センターで、民法改正のセミナーをしたときの写真です)

 

一人の経営者として、行政書士事務所を開業。

 

障がい福祉ビジネス等の許認可・コンサルの他、契約書作成等の民事業務の依頼も受ける。

 

頻繁に変わる法律を踏まえ、お客さまに最新の情報を提供し、ビジネスがうまくいくようサポートするのが私の使命です。