多機能型事業所とは?従たる事業所との違いは?

多機能型事業所とは?従たる事業所との違いは?

多機能事務所と従たる事業所の違いは何か。役所で説明されたがイマイチ分からない方のために説明します。
このページの目次

多機能型事業所

 

多機能型事業所とは、

 

  • 生活介護
  • 自立訓練(機能訓練)
  • 自立訓練(生活訓練)
  • 就労移行支援
  • 就労継続支援A型
  • 就労継続支援B型
  • 児童発達支援、
  • 医療型児童発達支援
  • 放課後等デイサービス
  • 及び保育所等訪問支援

 

のうち2以上の事業を一体的に行う事業所のことをいいます。

 

多機能型事業所の指定は、多機能型事業所(利用定員の合計が20人以上)
として行う障害福祉サービス等の種類ごとに行われます。


従たる事業所

従たる事業所とは、

 

主たる事業所と同一のサービスで、
30分以内で移動可能な距離である等の要件を満たす場合に
指定することができる2か所目以降の事業所のことをいいます。

 

 

  • 生活介護
  • 自立訓練
  • 就労移行支援
  • 就労継続支援
  • 児童発達支援(児童発達支援センターを除く)
  • 放課後等デイサービスは

 

「主たる事業所」のほか、
一体的かつ独立したサービス提供の場として、「従たる事業所」を設置するこ
とが可能であり、これらを一つの事業所として指定することができます。

 

このように、
従たる事業所と多機能型事業所の違いは

 

従たる事業所はサービス種類が同じ
多機能型事業所はサービス種類が違う

 

と考えれば分かりやすいでしょう。

 

 

当事務所では
多機能型事業所、従たる事業所等の様々な事業形態に対応した手続を行います。

 

就労継続A型・放課後等デイ サポートセンター
行政書士 斉藤将巳

 

TEL:011−557−8176 

 

受付:平日10:00〜18:00